竹酢液 お風呂用 1L

竹炭を焼いた時に発生する煙から採取し、1年以上静置させた後、中間層のみ取り出したのが木酢液です。200種類の天然有機成分が含まれ、お風呂に入れると天然成分が溶け込み弱アルカリ性のやわらかいお湯になります。


ご愛用者様の声

有機栽培しているベランダ菜園に虫がわいて困っていたので、こちらの竹酢液を購入してみました。
ボトルのパッケージで紹介されている使用法が他にもいろいろあったので、試せるものは試してみました。
全般的に使い易く効果絶大。予想していたデメリットは起きませんでした。
以下、使用感と効果です。

■■有機栽培の菜園に、虫除けとして散布。■■
Before;実のなる野菜が多いため、土のphは7.0〜7.5と高めの設定(酸度計で管理しています)。米粒より小さいサイズの飛ぶ虫が1鉢辺り5匹ぐらい見える。たまに普通サイズの蝿が飛んでいる。
After; 100倍に薄めたもので水やりをし、翌日様子を見たところphに変化無し。1つだけ5.5〜6.5ぐらいの箇所がありましたが、土は計る場所によってphがばらつきやすいので、竹酢液のせいでは無さそうです。微生物が増えるそうですが、2週間置きの追肥のタイミングで散布し、根の張りなど見守ってみます。また、虫には思わぬ良い効果がありました!虫取りの粘着棒を差しているのですが、毎日2〜3匹程度しか取れ無かったのが、竹酢液散布の翌日に棒をみてみると、それぞれ15匹ぐらい取れていました。土から逃げてきたのでしょうか。

■■お風呂■■
Before; 風呂水清浄剤を入れてお湯は2回使う様にし、2回目が終わったら洗濯にまわすようにしていました。
After; 約200リットルに対し、キャップ2杯入れています。アウトドアで燻製を作った時のような香りがしますが、スモークチーズや燻製の香りが苦手で無ければ全く問題ありません。私は好きな香りです。先ず、お湯がとてもやわらかくなり、掛け湯の時点で変わった事を感じます。両腕両足が乾燥して白くなりがちでしたが、入浴した日からその問題は一切なくなりました。乾燥が激しい部分は皮膚の代謝が早まったのか、かさぶたのようになって取れたところもあります。
ひどくカチコチで常に美容ヤスリをかけていたカカトの深いひび割れも1週間経たずして目立たなくなってきました。全体的に肌がシットリ柔らかくなってきています。
体がポカポカと芯まで温まる感じがし、夏向きでは無いのかやや不安がありましたが、お風呂上がりはさーっと汗がひいてサッパリしています。不思議。

■■リンス効果■■
Before; シャンプーとトリートメントをしています。
After; シャンプーとトリートメントを使っていますが、竹酢液は消毒効果が高いと聞いたのでお風呂のお湯で洗髪するようにしてみたところ、わざわざリンスとして使わずとも髪が柔らかくしっとりするようになりました。ペタンとならず、ボリュームが出すぎる事もなく、翌朝の髪のまとまりの良さはちょっとした感動がありました。

■■洗濯■■
Before; お風呂の残り湯を使っています。洗剤類は洗濯用洗剤とワイドハイターを洗濯中に、柔軟剤(ファーファーやダウニー、レノアなど)も使っています。これでも十分な使用感でした。
After; 洗剤類は変えずに、竹酢液入りのお風呂の残り湯で洗濯とすすぎをしたところ、大きな変化がありました。解りやすいのはタオルですが、とっっっても柔らかく仕上がります。良いお天気でカラカラに乾いた日も、ふっくらしなやかです。匂いですが、濡れている間は当然竹酢液の匂いが残っていますが、乾くとなくなります。ただし、柔軟剤の香りも相殺される感じでほとんどしなくなります。

■■生ゴミ臭■■
Before;キッチン棚の下の方に、蓋付き容器に買い物ビニール袋を入れたゴミ箱を置いています。トビラを空けると夏場などは生ゴミ臭さが気になるので早めこまめに捨てています。
After; ペットボトルの説明には水で薄めてスプレーするとありましたが、スプレー容器が無かったので小さい空き容器にキャップ1杯の原液を入れ置いておきました。生ゴミ臭さはあっという間に消え、トビラを空けると燻製の香りがします。効果大でした。
定価 2,300円(内税)
販売価格
1,230円(内税)
購入数